アマゾンOEM販売で成功する3ステップ

アマゾンOEM販売は収益が安定する!

 

こんにちは、シュウです^ ^

 

アマゾンを使用した販売方法では、

大きく分けると2つあります。

 

すでにあるページに販売する「相乗り販売」と

自らページを作成し販売する「新規販売」です。

 

そして僕たちがOEM販売と呼んでいるものは、

後者に当たります。

 

OEM販売というのは、

相乗り販売のように過去データがないため、

知識や経験が浅い場合は、

売れ残りという失敗が起こりやすくなります。

 

その失敗を避けるための3ステップを

お伝えします。

目次

 

 

アマゾンOEM販売で成功する3ステップ

 

その3ステップというのが、

 需要の高いジャンルの選択

 OEM商品と類似している商品の調査

 長期的に販売が見込めるもの

となります。

では1つ1つ解説しますね。

 

ステップ1 需要の高いジャンルの選択

 

まず「需要の高いジャンルの選択」ですが、

こう言うと、よく勘違いされることがあります。

 

需要が高いジャンルはライバルが多いから

レッドオーシャンだ!と言われる事です。

 

確かにブルーオーシャンと言われる市場を

見つけることができればいいのですが、

今のネット社会において

誰も知らないおいしい市場なんてありません。

 

そしてブルーオーシャン=マイナーなジャンル

と勘違いされる方が非常に多いですが、

マイナーなジャンルは確かにライバル数は少ないです。

 

ですがそもそもの全体の販売量もメジャーなジャンルに

比べると天と地の差があります。

 

それであればレッドオーシャンと呼ばれるジャンルで

工夫して販売した方が圧倒的に効率がよく、

不良在庫になるリスクも低いです。

 

ステップ2 OEM商品と類似している商品の調査

 

次に「OEM商品と類似している商品の調査」ですが、

需要の高いジャンルだからといって、

感覚で商品選定をしていても失敗に終わるだけです。

 

その販売先において、その類似品の販売量の確認は、

必ず調査してください。

 

アマゾンの場合であれば、

無料で使える「モノレート」というサイトが

良いかと思います。

 

もし類似品が全く売れていなければ、

いくらあなたが売れる!と思っても

売れない可能性が圧倒的に高いので注意してください。

 

ステップ3 長期的に販売が見込めるもの

 

 

そして最後の「長期的に販売が見込めるもの」ですが、

せっかくページを作り込んで販売したのに

数ヶ月で売れなくなったとなると非常にもったいないです。

 

例をあげるとスマホケースです。

 

需要は高いため爆発力はありますが、

スマホは一定期間ごとに新型が登場します。

 

新型となればサイズなどが変わり、

今まで販売していたものが一気に売れなくなります。

 

スマホケースを否定するわけではありませんが、

販売を安定させていくためには、

なるべく半永久的に売れてくれるものが良いです。

 

例えば財布やカードケースなど。

 

何十年先のことはわかりませんが、

これらはここ数年で売れなくなるということはないかと思います。

 

こういった商品でOEMを組み立てて行くことにより、

確実に安定収入の仕組みを構築できます。

 

ぜひとも参考になればうれしいです^ ^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です