92%が目標達成できない理由

目標を確実に達成するためには?

 

 

こんにちは、シュウです^ ^

 

「1年後には年収1000万を超えるぞ!」

「半年後には独立して会社を経営したい!」

 

ビジネスを始めれば、

多くの方がこのような目標を設定します。

 

ですがこうした目標を立てても、

多くの方は達成できずに終わります。

 

米国のスクラントン大学の研究によれば、

目標設定の92%は未達成に終わっているという

研究結果もでています。

 

 

あなたにも覚えはありませんか?

そこでなぜ目標が達成できないのか?

について今日はお話していきます。

 

目次

 

目標を達成するかは計画段階で決まる!

 

 

上記に書いた目標は漠然としてますが、

実際はもう少し具体的に設定しますよね。

 

期間別のプランや中間目標など、、、

 

ですがこの予定は必ず狂います。

 

なぜなら、あなたにはこの設定した目標を

達成した経験がないため、

適切なプランを組む「モノサシ」を持っていないからです。

 

そして狂い始めたプランは、

信用できなくなり途中で挫折してしまいます。

 

ここで「モノサシ」という言葉を

もう少しわかりやすくしましょう。

 

例えば、どんな人でも歯磨きはされますよね。

 

では歯磨きで歯がきれいになるまでのプランを立ててみてください。

 

どうでしょうか?

 

事細かに達成まで大体何分かかるか、

どこの歯から処理していくのか、

正確に目標達成までの道が見えると思います。

 

これはあなたに「モノサシ」があるからです。

 

ですが、

 

「1年後には年収1000万を超えるぞ!」

「半年後には独立して会社を経営したい!」

 

という目標に対するモノサシを手に入れるには、

これらを達成しないと不可能です。

 

では目標に対するモノサシを持っていない状態で

どうすればよいのでしょうか。

 

 

挫折を計画することでプランは狂わない

 

それは「挫折を計画すること」です。

 

人は目標を立ててプランを作る事の目的は、

「挫折や失敗をしないため」ですよね。

 

ですが「モノサシ」がない状態の人が

挫折や失敗をしないプランを作るのは不可能です。

 

だからプラン自体に挫折や失敗を含めるんです。

 

方法としてはそのプランに対しての予想できる、

挫折や失敗を書き出す事です。

 

そしてそれが起きた場合に目標達成までの期間が

どれぐらい伸びるのかを事前に予測しておくこと。

 

そしてこれらはすべて正確ではないと思うこと。

 

そもそも人間は起きた物事に対して、

考えて対処する力を持っています。

 

その都度、失敗に対して修正をしていけば、

多少遠回りをしても目標に到達することは十分可能です。

 

ただ理想的なプランを立ててしまうと

それが崩れた時に人は「諦める」という行動をします。

 

もし今のあなたの目標に対するプランが、

上記に当てはまった場合はもう一度考え直すことを

おすすめします。

 

ぜひ参考にして頂ければうれしいです^ ^

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です