YouTubeばかり見て作業が進まない人

集中力を手に入れる方法

 

 

こんにちは、シュウです^ ^

 

リサーチ作業をしていて、

いつの間にかYouTubeやスマホを長時間見ていた。

 

パソコン作業をしていると、

どうしても他の誘惑が邪魔をします。

 

作業時間が長くなればなるほど、

徐々に集中力が減ってきます。

 

 

その状態で「自分の興味があるもの」を

見ると高確率で本来やるべき作業から脱線します。

 

そして、

「どうして自分はこんなに集中できないのか。。。」

と反省し、また次の日同じことを繰り返す。

 

このような経験はありませんか?

 

 

でも心配しないでください。

これらを解決する方法があります。

 

 

集中力とは前頭葉と深く関わりがあります。

 

 

そして使える前頭葉のパワーは限られており、

減ってしまったパワーは睡眠によって回復します。

 

 

このパワーがない状態で作業に取り組んでも、

頭が回らず、普段なら制御できるちょっとした誘惑にも

すぐに流されてしまう状態になります。

 

 

ではこのパワーを減らしてしまう原因とは?

 

それは「一日の決断回数」です。

 

人は何かを決断するたびに前頭葉のパワーを使います。

 

「今日何着ようかな」

「朝、何食べようかな」

 

こういったことも決断に含まれます。

 

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなどは、

いつも着ている服が一緒ですよね?

 

彼らは日々の生活の「決断回数」を減らしていたんです。

 

 

このようなことから、

クリエイティブな作業は前頭葉のパワーが有り余っている、

午前中が適しています。

 

ですが本業があり、

どうしても作業が夜にしか出来ない場合、

どうすればいいのか?

 

1つは睡眠を取ることです。

 

 

睡眠を取れば、脳がリセットされて、

ある程度前頭葉のパワーが復活します。

 

ですが、仕事から帰ってきて、

ただでさえ貴重な時間なのに寝てられない。

 

そんな人のために、

「パワーナップ」という行為です。

 

パワーナップとは、

社会心理学者ジェームス・マースにより作られた言葉です。

 

 

パワーナップを簡単に言うと、

15分ぐらい目を閉じて何も考えず、

じっとするという行為です。

 

 

目を閉じてじっとするという事が重要で、

この行為により脳は一旦休眠活動に入ります。

 

 

15分間のパワーナップで、

2時間ほどの睡眠効果が得られます。

 

 

これにより前頭葉のパワーが復活し、

集中して作業に取り組むことができます。

 

 

集中できないと悩まれている方は、

意識して試してみてください。

 

 

ぜひ参考にしていただければうれしいです^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です