タグ別アーカイブ: アマゾン

アマゾンOEM販売で成功する3ステップ

考え方

アマゾンOEM販売は収益が安定する!   こんにちは、シュウです^ ^   アマゾンを使用した販売方法では、 大きく分けると2つあります。   すでにあるページに販売する「相乗り販売」と 自らページを作成し販売する「新規販売」です。   そして僕たちがOEM販売と呼んでいるものは、 後者に当たります。   OEM販売というのは、 相乗り販売のように過去データがないため、 知識や経験が浅い場合は、 売れ残りという失敗が起こりやすくなります。   その失敗を避けるための3ステップを お伝えします。 目次     アマゾンOEM販売で成功する3ステップ   その3ステップというのが、  需要の高いジャンルの選択  OEM商品と類似している商品の調査  長期的に販売が見込めるもの となります。 では1つ1つ解説しますね。   ステップ1 需要の高いジャンルの選択   まず「需要の高いジャンルの選択」ですが、 こう言うと、よく勘違いされることがあります。   需要が高いジャンルはライバルが多いから レッドオーシャンだ!と言われる事です。   確かにブルーオーシャンと言われる市場を 見つけることができればいいのですが、 今のネット社会において 誰も知らないおいしい市場なんてありません。   そしてブルーオーシャン=マイナーなジャンル と勘違いされる方が非常に多いですが、 マイナーなジャンルは確かにライバル数は少ないです。   ですがそもそもの全体の販売量もメジャーなジャンルに 比べると天と地の差があります。   それであればレッドオーシャンと呼ばれるジャンルで 工夫して販売した方が圧倒的に効率がよく、 不良在庫になるリスクも低いです。   ステップ2 OEM商品と類似している商品の調査   次に「OEM商品と類似している商品の調査」ですが、 需要の高いジャンルだからといって、 感覚で商品選定をしていても失敗に終わるだけです。   その販売先において、その類似品の販売量の確認は、 必ず調査してください。   アマゾンの場合であれば、 無料で使える「モノレート」というサイトが 良いかと思います。   もし類似品が全く売れていなければ、 いくらあなたが売れる!と思っても 売れない可能性が圧倒的に高いので注意してください。   ステップ3 長期的に販売が見込めるもの     そして最後の「長期的に販売が見込めるもの」ですが、 せっかくページを作り込んで販売したのに 数ヶ月で売れなくなったとなると非常にもったいないです。   例をあげるとスマホケースです。   需要は高いため爆発力はありますが、 スマホは一定期間ごとに新型が登場します。   新型となればサイズなどが変わり、 今まで販売していたものが一気に売れなくなります。   スマホケースを否定するわけではありませんが、 販売を安定させていくためには、 なるべく半永久的に売れてくれるものが良いです。   例えば財布やカードケースなど。   何十年先のことはわかりませんが、 これらはここ数年で売れなくなるということはないかと思います。   こういった商品でOEMを組み立てて行くことにより、 確実に安定収入の仕組みを構築できます。   ぜひとも参考になればうれしいです^ ^    続きを読む

副業から始めよう!輸入ビジネスのスタートはアマゾンで!

輸入ビジネス

副業から始める、輸入ビジネス!     どうも、シュウです^ ^   正社員の平均年収が下がる現代で、 副業という選択は必須になってきています。   僕も輸入ビジネスを始めた時は、 サラリーマンをしており収入に悩んでいました。   それが副業として始めた輸入ビジネスで、 今ではこうして生計を立てています。   そんな同じような境遇の人たちの手助けになるよう、 輸入ビジネスを始めるにはどうすればよいのか?   をわかりやすく体験談も含めて解説します。   目次   輸入ビジネスを始めるために必要なもの   輸入ビジネスを始めるにあたり必要なものはあります。    本人確認書類  銀行口座  クレジットカード  個人事業主の登録   が必要になります。   本人確認書類   アマゾンや楽天市場、ヤフーモールなどの大手の販売先は、 本人確認書類が必要になります。   本人確認書類は運転免許書や保険書でOKなので、 すでにお持ちの場合が多いと思います。     銀行口座   売上金などを振り込んでもらうために必要になります。 銀行口座を作る際の注意点ですがあまりマイナーすぎないこと。   迷ったら「三井住友銀行」や「三菱東京UFJ」などの大手銀行で 作成されることをおすすめします。   郵便局の「ゆうちょ銀行」もあると便利です。   銀行口座は複数あると便利なので、 これらすべてを持っておいてもいいかと思います。   クレジットカード   クレジットカードは仕入れやサイト登録の際に必要になります。   クレジットカードは資金が少ない方が仕入量を増やす、 お助けカード的な役割にもなるので作れるだけ作っておきましょう。   カード会社によってポイントの還元率などが大きく異なるので、 よく確認してくださいね。   ちなみに僕のおすすめは、 楽天カードとライフカードです。   この2つは入会金、年会費無料でポイント還元率もダントツです。   個人事業主登録   販売するのに必ず必要というわけではありませんが、 「個人事業主」として登録するとビジネスで使うお金を「経費」として計上できます。   方法は「開業届け」という用紙を税務署で書いて提出するだけですので簡単です。     輸入ビジネスの流れを知りましょう   輸入ビジネスの流れを簡単に書くと、   1,各種販売サイトの登録 2,商品のリサーチ 3, 海外から仕入れ 4,販売サイトにて出品作業 5,梱包、発送作業   というのが基本的な流れになります。   アマゾンの場合は例外で、 4の出品作業がかなり簡単になっており、 5の梱包と発送に関しては必要ありません。     得意なジャンルを見つけよう!     輸入ビジネスといっても幅は広く、 頭でイメージできるジャンルはほぼあります。   これらを端から端まで拾って販売していくのが 理論的には一番収益を上げることが可能ですが、 一人で販売を行う場合はある程度絞って販売をしないと 管理が大変になりすぎてパンクしてしまいます。 (ちなみに経験あり、、、笑)   ジャンルを絞る際に、 どのジャンルが一番儲かるのか?が知りたいと思います。   ですがどのジャンルでも儲かるものもあれば、 儲からないものもありますので一概にどのジャンルが儲かるのかを 答えるのは難しいところがあります。   僕がいつもコンサル生に言っているのは、 「自分の好きなジャンルを選択してください」 ということです。   ビジネスというは誰も管理してくれません。 そのためモチベーションの維持が大事になります。   差額が取れても全然おもしろくなければ、 人は継続できません。   だから好きなジャンルを選択して 楽しくやることが実は成功するにあたり重要な要素となります。     販売先はどこがいいの?   2018年のデータを見てみましょう。     楽天が3兆円超え、アマゾンが約2兆円、ヤフーが1兆円 というようなデータです。   楽天に関しては他の要素(トラベルなど)も入っているため、 数字はもう少し減少しますが、 この大手3つが異常な販売力があるというのはひと目でわかりますね。   その中でも僕のおすすめはアマゾンです。   アマゾンには「FBAサービス」というものがあり、 わかりやすく言えば、商品を預けるだけで全部やってくれます。   通常の販売だと「お客とのやり取り」「入金管理」「梱包、発送作業」 を1つの販売ごとに1回しないといけません。   アマゾンの場合は、これらの手間がなくなるため、 1個売ろうが100個売ろうがほとんど手間が変わりません。   個人が販売業をする場合、 すべて自分でしないといけませんのでこのサービスは非常に助かります。   輸入ビジネスの可能性は無限大!   輸入ビジネスを覚えてしまえば、 どんな商品でも販売することができます。   実際に僕のコンサル生の方は、 実家が農家でお米や野菜なども販売していますし、 会社員時代のコネを使い、大手のメーカー品を売っている方もいます。   主婦の方でハンドメイド品を売っている方もいます。   販売する技術というのは、 一度覚えてしまうとどんなサイトも形はすべて同じです。   個人的に輸入ビジネスは副業にピッタリだと思いますので、 ぜひ頑張ってみてください!      続きを読む

輸入代行業者を使って実際に仕入れをしてみよう。

輸入ビジネス

こんばんは、シュウです^^   ※病んでません 笑   今日は中国から商品の買付方法をお伝えしようと思います。     まず中国から商品を買い付ける方法は、 ・中国のサイトから直接購入する。 ・輸入代行業者を通して購入する。 という大きく分けるとこの2パターンになります。     前者のメリットとしては、 直接買い付けるため仲介の手数料等が発生しない事にあります。     ただしデメリットが多く、 ・中国から発送するときに検品しない事も多いので粗悪品が届く事がある。   ・振り込んだはいいがその後音信不通になる事もしばしば(返金保証がない) ・複数の店舗から購入する場合は発送をまとめれないので国際送料が高く付く。     次に後者のデメリットは、 手数料がかかるという事です。   基本的に代行業者の手数料は6%から、 高いところは15%ぐらいです。   これだけ見ると手数料を払うのがもったいない気もすると思います。 逆にメリットはというと、 代行業者(中国拠点)で複数の店舗から購入しても、 まとめて発送してくれるので圧倒的に国際送料が安い。   次に送る前に日本人の感覚で検品してくれるため、 万が一破損等があれば日本に送る前に交換などを勝手にやってくれる。   さらには購入自体もリンクを送るだけで代行業者がやってくるので、 万が一ショップ側とトラブルになっても代行業者が責任を持って返金してくれるし、 中国語ができなくても値引きの交渉や問い合わせなど、 現地の代行業者スタッフが対応してくれます。 (対応不可な業者もあります。)   仕入れる側にとっては代行業者を使う事によって安心して購入する事が出来ます。   最初は数万円程度の仕入れでも、 規模が大きくなってくると人によっては数百万円単位になってきます。   100万円買い付けて全部壊れていた・・・ 最悪ですよね> <   こうならないために、 個人的には代行業者を使用する事をおすすめします。   ちなみに代行業者は数多くあり、 業者によってはサービスが異なりますので、 ご自身にあった業者を選んでみてください^^   ちなみに下記のリンクは、 僕がずっと利用しているバイヤーアシストという業者さんです。   ここは月額も入会金もかからず、 手数料も比較的安い部類にはいります。   あと対応の早さや使いやすさ、 そして何より実績もあり信用できるところなので ぜひ参考にしてみてください^^   色々とオプションサービスも充実しているので、 OEM販売などにも最適かと思います。   輸入代行業者バイヤーアシスト http://buyerassist.fbadaiko.com/     もし何か気になる事があれば、 会員じゃなくても問い合わせれば答えてくれるかと思います^^     ではでは。  続きを読む