タグ別アーカイブ: 中国

中国の連休には注意しましょう。春節、国慶節など。

輸入ビジネス

中国の連休には注意しましょう。   こんにちは、シュウです^ ^   中国の連休とは主に春節(しゅんせつ)や 国慶節(こっけいせつ)の事です。   この期間は中国の販売店や運送会社などが 営業をお休みします。   つまり中国からの仕入れが 全くできないということです。   春節の期間は、 1月末から2月前半の7日間 (春節は旧暦が基準のため変動あり)   国慶節の期間は、 10月1日から7日までの7日間   になります。   ここで注意しないといけないのが 中国人の習慣としてこの前後に休みを取り、 里帰りなどをします。   特に春節は、旧暦でのお正月ということもあり、 3週間以上休む業者も多々あります。   また営業再開しても、 休みの間に注文が溜まっていることも多く、 納品が大幅に遅れる事もあります。   基本的に連休の前後10日間は 仕入れができないものとして考えるくらいが 丁度よいかと思います。   ではでは〜    続きを読む

副業から始めよう!輸入ビジネスのスタートはアマゾンで!

輸入ビジネス

副業から始める、輸入ビジネス!     どうも、シュウです^ ^   正社員の平均年収が下がる現代で、 副業という選択は必須になってきています。   僕も輸入ビジネスを始めた時は、 サラリーマンをしており収入に悩んでいました。   それが副業として始めた輸入ビジネスで、 今ではこうして生計を立てています。   そんな同じような境遇の人たちの手助けになるよう、 輸入ビジネスを始めるにはどうすればよいのか?   をわかりやすく体験談も含めて解説します。   目次   輸入ビジネスを始めるために必要なもの   輸入ビジネスを始めるにあたり必要なものはあります。    本人確認書類  銀行口座  クレジットカード  個人事業主の登録   が必要になります。   本人確認書類   アマゾンや楽天市場、ヤフーモールなどの大手の販売先は、 本人確認書類が必要になります。   本人確認書類は運転免許書や保険書でOKなので、 すでにお持ちの場合が多いと思います。     銀行口座   売上金などを振り込んでもらうために必要になります。 銀行口座を作る際の注意点ですがあまりマイナーすぎないこと。   迷ったら「三井住友銀行」や「三菱東京UFJ」などの大手銀行で 作成されることをおすすめします。   郵便局の「ゆうちょ銀行」もあると便利です。   銀行口座は複数あると便利なので、 これらすべてを持っておいてもいいかと思います。   クレジットカード   クレジットカードは仕入れやサイト登録の際に必要になります。   クレジットカードは資金が少ない方が仕入量を増やす、 お助けカード的な役割にもなるので作れるだけ作っておきましょう。   カード会社によってポイントの還元率などが大きく異なるので、 よく確認してくださいね。   ちなみに僕のおすすめは、 楽天カードとライフカードです。   この2つは入会金、年会費無料でポイント還元率もダントツです。   個人事業主登録   販売するのに必ず必要というわけではありませんが、 「個人事業主」として登録するとビジネスで使うお金を「経費」として計上できます。   方法は「開業届け」という用紙を税務署で書いて提出するだけですので簡単です。     輸入ビジネスの流れを知りましょう   輸入ビジネスの流れを簡単に書くと、   1,各種販売サイトの登録 2,商品のリサーチ 3, 海外から仕入れ 4,販売サイトにて出品作業 5,梱包、発送作業   というのが基本的な流れになります。   アマゾンの場合は例外で、 4の出品作業がかなり簡単になっており、 5の梱包と発送に関しては必要ありません。     得意なジャンルを見つけよう!     輸入ビジネスといっても幅は広く、 頭でイメージできるジャンルはほぼあります。   これらを端から端まで拾って販売していくのが 理論的には一番収益を上げることが可能ですが、 一人で販売を行う場合はある程度絞って販売をしないと 管理が大変になりすぎてパンクしてしまいます。 (ちなみに経験あり、、、笑)   ジャンルを絞る際に、 どのジャンルが一番儲かるのか?が知りたいと思います。   ですがどのジャンルでも儲かるものもあれば、 儲からないものもありますので一概にどのジャンルが儲かるのかを 答えるのは難しいところがあります。   僕がいつもコンサル生に言っているのは、 「自分の好きなジャンルを選択してください」 ということです。   ビジネスというは誰も管理してくれません。 そのためモチベーションの維持が大事になります。   差額が取れても全然おもしろくなければ、 人は継続できません。   だから好きなジャンルを選択して 楽しくやることが実は成功するにあたり重要な要素となります。     販売先はどこがいいの?   2018年のデータを見てみましょう。     楽天が3兆円超え、アマゾンが約2兆円、ヤフーが1兆円 というようなデータです。   楽天に関しては他の要素(トラベルなど)も入っているため、 数字はもう少し減少しますが、 この大手3つが異常な販売力があるというのはひと目でわかりますね。   その中でも僕のおすすめはアマゾンです。   アマゾンには「FBAサービス」というものがあり、 わかりやすく言えば、商品を預けるだけで全部やってくれます。   通常の販売だと「お客とのやり取り」「入金管理」「梱包、発送作業」 を1つの販売ごとに1回しないといけません。   アマゾンの場合は、これらの手間がなくなるため、 1個売ろうが100個売ろうがほとんど手間が変わりません。   個人が販売業をする場合、 すべて自分でしないといけませんのでこのサービスは非常に助かります。   輸入ビジネスの可能性は無限大!   輸入ビジネスを覚えてしまえば、 どんな商品でも販売することができます。   実際に僕のコンサル生の方は、 実家が農家でお米や野菜なども販売していますし、 会社員時代のコネを使い、大手のメーカー品を売っている方もいます。   主婦の方でハンドメイド品を売っている方もいます。   販売する技術というのは、 一度覚えてしまうとどんなサイトも形はすべて同じです。   個人的に輸入ビジネスは副業にピッタリだと思いますので、 ぜひ頑張ってみてください!      続きを読む