タグ別アーカイブ: 初心者

【中国輸入の仕入先はどこがおすすめ?】中国輸入ビジネスのおすすめ仕入先をまとめました。

おすすめ仕入先ランキングTOP3

中国輸入ビジネスでの仕入先がわからない     どうも、シュウです(^_^)   いざ輸入ビジネスを始めようと思っても、 仕入先が決まってないと何もできません。   ひとえに仕入先といっても、 色々な方法があり初心者の方は特に迷われると思います。   そんな方々のために僕がおすすめする仕入れ先をまとめましたので、 ぜひ参考にしてください。   目次   中国輸入ビジネスの仕入れ方法は大きく分けると2つ   中国輸入ビジネスでの仕入れで考えられる方法は、  中国の現地に出向いて直接買い付ける  インターネットを使い国際便で送ってもらう   大きく分けるとこの2つになります。   ただし現在の中国輸入ビジネスにおいて、 直接買い付けにいくというのは原始的過ぎてあまりおすすめしません。   なぜならインターネットだと選べる種類も多く、 さらに金額も圧倒的に安く購入することができます。   仕入れにおすすめの中国インターネット厳選3サイト   アリババ(阿里巴巴、1688)   ここは中国で一番大きなECサイトで日本でいうアマゾンや楽天レベルです。   このサイトの特徴は、 「工場がそのまま出店している」という点です。   それにより販売価額が圧倒的に安く、 中国輸入ビジネスのメインの仕入先として十分に使えます。   ただしショップによっては、 購入ロット数が最低〇〇個以上~みたいな制限もあるので注意。   おすすめ度 ☆☆☆☆☆     タオバオ (淘宝网、taobao)   こちらのサイトも中国ではアリババに続く大きなECサイトになります。   アリババとほぼ同じようなイメージでOKですが、 アリババが業者向けとすると、こちらは個人向けというイメージ。   販売個数も1個から買えます。 ただしアリババよりも少し割高です。   おすすめ度 ☆☆☆☆     Tモール(天猫、Tmall)   こちらのサイトはタオバオと同じ会社が運営しています。   作り自体はタオバオに似ていますが、 出品者がすべて法人になります。   出品数はお取りますが、 品質や信頼性はタオバオのグレードアップ版みたいなイメージです。   おすすめ度 ☆☆☆☆   仕入れは上記3サイトだけで十分すぎる!   上記3サイトでないものは、 中国にないんじゃないのか、、、というぐらい十分すぎる規模のECサイトです。   中国サイトのため、当たり前ですが全文中国語です。   そのため登録などで多少戸惑うかもしれませんが 一度登録してしまえば日本サイトと購入方法はほとんど変わりません。   個人的に仕入れ方法として 【輸入代行業者】を使用することをおすすめします。   輸入代行業者を使えばECサイトの登録などは不要で 欲しい商品のサイトページのURLを送れば代わりに購入してくれます。   さらに面倒な中国セラーとのやり取りなども、 すべてやってくれます。   そして日本に発送前の時点で商品の検品などもしてもらえるため、 万が一の破損なども回避できるため安心して仕入れができます。   中国輸入代行についての記事を下記に貼っておきますので 興味がありましたら参考にしてください(^_^)     【最新版】中国輸入代行業者50社以上を比較し厳選しました。            続きを読む

中国輸入ビジネスで成功する5つのポイントと成功事例

考え方

中国輸入ビジネスで成功する5つのポイントとは?   どうも、シュウです(^_^)   中国輸入と言っても販売や仕入れ方法は無数にあります。   また正解がないため、 この部分で迷う方が多いように見受けられます。   なので本記事では、 そんな方のために中国輸入を始めてしっかりと成功するために 大事な5つのポイントをご紹介します。   目次   毎日できる再現性の高いリサーチ方法を身につける   中国輸入ビジネスでは商品を仕入れて販売するため、 商品選び、いわばリサーチですね。   中国輸入ではリサーチ力が低いと利益を上げる事が難しいため、 まずはこの部分を徹底的に覚える必要があります。   リサーチ方法自体はたくさんありますが、 1つの商品を探すのに時間がかかったり、 複雑すぎて覚えられないものだと継続が難しいので 選ぶ際は「シンプルで回転が速い」ものがおすすめです。     中国からの仕入れルートを確立する。     仕入れルートの確保も中国輸入で成功するためには 非常に大事な要素となります。   ここをしっかり構築しておかないとそもそも販売すらできません。   一般的に大きく分けると    1,中国へ行き、直接買い物をする。  2,中国のネットサイトから自分で購入して送ってもらう。  3,輸入代行業者を使い、商品を代わりに購入して送ってもらう。   のどれかを選ぶ事になります。   結論から言うと僕は3の輸入代行業者を使用する事をオススメします。   1の直接行くのは時間も金銭的にも無駄が多く、 なおかつ、ネットのように選択の幅も広くないため 現在の中国輸入ビジネスではおすすめできません。   2の自分で直接ネットで取り寄せるというのは、 代行業者の費用もかからずに金銭的にはお得になります。   ただし海外のショップは日本と違い、 ショップによっての対応の良し悪しが激しく、 また言葉の壁もあるためトラブルになった場合、 解決するのが困難になります。   代行業者を使えば間に入ってすべてフォローしてくれますので 安心、安全に中国輸入販売が行えますので、 初心者の方は代行業者を使うようにしましょう。     中国セラー(仕入れるショップ)の目利き       中国サイトではたくさんの中国セラーがあり、 セラーによって価額が全く異なります。   優良なセラーならサンプル品の試供や値引き交渉なども 受けてくれるところもありますので、 セラーを見極める力も鍛える必要があります。   中国サイトの多くは日本サイト同様にショップ横に評価数などが あると思いますので確認してみてください。   販売するネットモールの選定     いざ販売しようと思っても、 日本にはたくさんのネットモールがあります。   アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピング、メルカリ、BASEなどなど。   いくら良い商品を扱っていても、 お客さんがいないところで販売をしていたら売れるものも売れません。   必ず自分が販売するところの会員数や売り上げなどのデータは 確認し、他のモールと比べることをオススメします。   1度決めたらブレずにやり抜く力!     最後に少し思考部分のお話しになりますが、 上記で書いたように中国輸入は色々な方法が存在するため、 あれもこれも、、、となりやすいです。   ただ冒頭でもお伝えした通り、 どれが正解なのかという答えはありません。   僕自身、多くのプレイヤーを見てきたから言えますが、 ブレている人で成功した人はいません。   成功してる人は必ず1つの事を貫いてます。   もしあなたが中国輸入を始めるにあたって、 これだ!と決めたのであればまずはそれが形になるまで 頑張ってください。   そうすれば必ずうまくいくはずですので(^_^)   ぜひ参考にして頂ければうれしいです。      続きを読む