タグ別アーカイブ: 始め方

副業から始めよう!輸入ビジネスのスタートはアマゾンで!

輸入ビジネス

副業から始める、輸入ビジネス!     どうも、シュウです^ ^   正社員の平均年収が下がる現代で、 副業という選択は必須になってきています。   僕も輸入ビジネスを始めた時は、 サラリーマンをしており収入に悩んでいました。   それが副業として始めた輸入ビジネスで、 今ではこうして生計を立てています。   そんな同じような境遇の人たちの手助けになるよう、 輸入ビジネスを始めるにはどうすればよいのか?   をわかりやすく体験談も含めて解説します。   目次   輸入ビジネスを始めるために必要なもの   輸入ビジネスを始めるにあたり必要なものはあります。    本人確認書類  銀行口座  クレジットカード  個人事業主の登録   が必要になります。   本人確認書類   アマゾンや楽天市場、ヤフーモールなどの大手の販売先は、 本人確認書類が必要になります。   本人確認書類は運転免許書や保険書でOKなので、 すでにお持ちの場合が多いと思います。     銀行口座   売上金などを振り込んでもらうために必要になります。 銀行口座を作る際の注意点ですがあまりマイナーすぎないこと。   迷ったら「三井住友銀行」や「三菱東京UFJ」などの大手銀行で 作成されることをおすすめします。   郵便局の「ゆうちょ銀行」もあると便利です。   銀行口座は複数あると便利なので、 これらすべてを持っておいてもいいかと思います。   クレジットカード   クレジットカードは仕入れやサイト登録の際に必要になります。   クレジットカードは資金が少ない方が仕入量を増やす、 お助けカード的な役割にもなるので作れるだけ作っておきましょう。   カード会社によってポイントの還元率などが大きく異なるので、 よく確認してくださいね。   ちなみに僕のおすすめは、 楽天カードとライフカードです。   この2つは入会金、年会費無料でポイント還元率もダントツです。   個人事業主登録   販売するのに必ず必要というわけではありませんが、 「個人事業主」として登録するとビジネスで使うお金を「経費」として計上できます。   方法は「開業届け」という用紙を税務署で書いて提出するだけですので簡単です。     輸入ビジネスの流れを知りましょう   輸入ビジネスの流れを簡単に書くと、   1,各種販売サイトの登録 2,商品のリサーチ 3, 海外から仕入れ 4,販売サイトにて出品作業 5,梱包、発送作業   というのが基本的な流れになります。   アマゾンの場合は例外で、 4の出品作業がかなり簡単になっており、 5の梱包と発送に関しては必要ありません。     得意なジャンルを見つけよう!     輸入ビジネスといっても幅は広く、 頭でイメージできるジャンルはほぼあります。   これらを端から端まで拾って販売していくのが 理論的には一番収益を上げることが可能ですが、 一人で販売を行う場合はある程度絞って販売をしないと 管理が大変になりすぎてパンクしてしまいます。 (ちなみに経験あり、、、笑)   ジャンルを絞る際に、 どのジャンルが一番儲かるのか?が知りたいと思います。   ですがどのジャンルでも儲かるものもあれば、 儲からないものもありますので一概にどのジャンルが儲かるのかを 答えるのは難しいところがあります。   僕がいつもコンサル生に言っているのは、 「自分の好きなジャンルを選択してください」 ということです。   ビジネスというは誰も管理してくれません。 そのためモチベーションの維持が大事になります。   差額が取れても全然おもしろくなければ、 人は継続できません。   だから好きなジャンルを選択して 楽しくやることが実は成功するにあたり重要な要素となります。     販売先はどこがいいの?   2018年のデータを見てみましょう。     楽天が3兆円超え、アマゾンが約2兆円、ヤフーが1兆円 というようなデータです。   楽天に関しては他の要素(トラベルなど)も入っているため、 数字はもう少し減少しますが、 この大手3つが異常な販売力があるというのはひと目でわかりますね。   その中でも僕のおすすめはアマゾンです。   アマゾンには「FBAサービス」というものがあり、 わかりやすく言えば、商品を預けるだけで全部やってくれます。   通常の販売だと「お客とのやり取り」「入金管理」「梱包、発送作業」 を1つの販売ごとに1回しないといけません。   アマゾンの場合は、これらの手間がなくなるため、 1個売ろうが100個売ろうがほとんど手間が変わりません。   個人が販売業をする場合、 すべて自分でしないといけませんのでこのサービスは非常に助かります。   輸入ビジネスの可能性は無限大!   輸入ビジネスを覚えてしまえば、 どんな商品でも販売することができます。   実際に僕のコンサル生の方は、 実家が農家でお米や野菜なども販売していますし、 会社員時代のコネを使い、大手のメーカー品を売っている方もいます。   主婦の方でハンドメイド品を売っている方もいます。   販売する技術というのは、 一度覚えてしまうとどんなサイトも形はすべて同じです。   個人的に輸入ビジネスは副業にピッタリだと思いますので、 ぜひ頑張ってみてください!          続きを読む

中国輸入ビジネスで成功する5つのポイントと成功事例

考え方

中国輸入ビジネスで成功する5つのポイントとは?   どうも、シュウです(^_^)   中国輸入と言っても販売や仕入れ方法は無数にあります。   また正解がないため、 この部分で迷う方が多いように見受けられます。   なので本記事では、 そんな方のために中国輸入を始めてしっかりと成功するために 大事な5つのポイントをご紹介します。   目次   毎日できる再現性の高いリサーチ方法を身につける   中国輸入ビジネスでは商品を仕入れて販売するため、 商品選び、いわばリサーチですね。   中国輸入ではリサーチ力が低いと利益を上げる事が難しいため、 まずはこの部分を徹底的に覚える必要があります。   リサーチ方法自体はたくさんありますが、 1つの商品を探すのに時間がかかったり、 複雑すぎて覚えられないものだと継続が難しいので 選ぶ際は「シンプルで回転が速い」ものがおすすめです。     中国からの仕入れルートを確立する。     仕入れルートの確保も中国輸入で成功するためには 非常に大事な要素となります。   ここをしっかり構築しておかないとそもそも販売すらできません。   一般的に大きく分けると    1,中国へ行き、直接買い物をする。  2,中国のネットサイトから自分で購入して送ってもらう。  3,輸入代行業者を使い、商品を代わりに購入して送ってもらう。   のどれかを選ぶ事になります。   結論から言うと僕は3の輸入代行業者を使用する事をオススメします。   1の直接行くのは時間も金銭的にも無駄が多く、 なおかつ、ネットのように選択の幅も広くないため 現在の中国輸入ビジネスではおすすめできません。   2の自分で直接ネットで取り寄せるというのは、 代行業者の費用もかからずに金銭的にはお得になります。   ただし海外のショップは日本と違い、 ショップによっての対応の良し悪しが激しく、 また言葉の壁もあるためトラブルになった場合、 解決するのが困難になります。   代行業者を使えば間に入ってすべてフォローしてくれますので 安心、安全に中国輸入販売が行えますので、 初心者の方は代行業者を使うようにしましょう。     中国セラー(仕入れるショップ)の目利き       中国サイトではたくさんの中国セラーがあり、 セラーによって価額が全く異なります。   優良なセラーならサンプル品の試供や値引き交渉なども 受けてくれるところもありますので、 セラーを見極める力も鍛える必要があります。   中国サイトの多くは日本サイト同様にショップ横に評価数などが あると思いますので確認してみてください。   販売するネットモールの選定     いざ販売しようと思っても、 日本にはたくさんのネットモールがあります。   アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピング、メルカリ、BASEなどなど。   いくら良い商品を扱っていても、 お客さんがいないところで販売をしていたら売れるものも売れません。   必ず自分が販売するところの会員数や売り上げなどのデータは 確認し、他のモールと比べることをオススメします。   1度決めたらブレずにやり抜く力!     最後に少し思考部分のお話しになりますが、 上記で書いたように中国輸入は色々な方法が存在するため、 あれもこれも、、、となりやすいです。   ただ冒頭でもお伝えした通り、 どれが正解なのかという答えはありません。   僕自身、多くのプレイヤーを見てきたから言えますが、 ブレている人で成功した人はいません。   成功してる人は必ず1つの事を貫いてます。   もしあなたが中国輸入を始めるにあたって、 これだ!と決めたのであればまずはそれが形になるまで 頑張ってください。   そうすれば必ずうまくいくはずですので(^_^)   ぜひ参考にして頂ければうれしいです。          続きを読む